カテゴリー「ネコの写真日記」の記事

2007.11.30

江の島のネコ

2002年7月7日に、江の島までネットのネコ友だちとオフ会に行った時の写真が出てきました。
江の島のネコたちは、街の人たちに大事にされながら元気にたくましく生きていました。
参加者:みじかシッポさん、あまださん、けびおさん&しーちゃん、まぁさん、E24さん、ヒデヨシパパさん&ヒデヨシ君、Shinさん、あまちゃん、ゆっきーさん、べんてん(11名+1にゃん=ヒデヨシ君)。懐かしいな(^_^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006.02.23

ちび子Part 3

21日にアップしたちび子の写真の2枚目、実は正面を向いているのは乳母ネコたまちゃん(モカさんのママ)の赤ちゃんでした。この子はちび子の1週間前に生まれた子なんですが、1週間の差は結構大きいようで、顔立ちがずいぶんしっかりしています。実際のちび子はまだこんなふうで、ちょっと情けない顔をしています(^_^;)。
today060223-1

まあ、写真を撮った時は生まれてまだ2週間しか経っていなかったので、それも仕方ないですね(~_~;)。今はあれから4日経っているので、たまちゃんの子のようにもう少し顔立ちがしっかりしているかもしれません。
today060223-2

しばらくひとりでいると不安になるようで、乳母ネコを探して「ピーピー」鳴き始めます。すると、どこからか乳母ネコやお兄さん&お姉さんが現れて、あやしたりするんです。心配のあまり乳母ネコがくわえていこうとしたので、育児箱にそっと返してあげました。
today060223-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006.02.21

ちび子Part 2

昨日に続いて、ちび子の様子をアップします。
ちびこの写真を撮っている時、4カ月のお兄ちゃんが乱入(?)。一緒に写真を撮って欲しかったのかな。いえいえ、「ピーピー」鳴いているちび子をあやしに来たみたい。ちび子はだいいたい、この4カ月のお兄さんの頭ぐらいの大きさでしょうか。
today060221-1

同じく撮影中に、ちび子より前に生まれた子がやってきました(右=後ろ向き 左=前向き、乳母のたまちゃん(モカさんのママ)の子、右=後ろ向き、ちび子)。手足はもうしっかりしていて、ずんずん歩くことができます。ちび子がここまで成長するには、あとどのくらい(1週間ぐらい?)かかるのかな(?_?)。
today060221-2

乳母ネコが心配するので、育児箱に帰してあげました。黄色いバンドを付けているのがちび子です。他の子に混じって、一所懸命におっぱいを飲んでいます。「おっぱいを一杯飲んで、しっかり大きくなるんだよ」
today060221-3

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006.02.20

はじめまちて、ちび子です(^_^)

昨日曜日、まーりのママさんのお宅に伺い、メイちゃんの赤ちゃん(ちび子=仮称)に会ってきた。気分は、入院中の母子に面会する新米パパといったところかな(^_^;)。ちび子は複数のママさんからおっぱいを貰って、順調に育っていた。

today060220-1
昨日現在の体重は294グラム。生まれた時は70グラムだったので、2週間で4倍強重くなったことになる。女の子としては、平均的な成長速度らしい。

today060220-2
目はもう開いていて、光はちゃんと感じているようだ。でも、ママのおっぱいを探すのに力を発揮するはまだまだ鼻なので、目がしっかりと見えるようになるにはもう少しかかるのだと思う。

today060220-3
目が開いてだいぶネコらしくなってきたので、もう「ネズミですか」とは言われないだろう(笑)。よちよち、というかよたよたという感じでちょこっとなら歩ける(はいはいできる)ようになっている。もう少し観察したかったけれど、ひとり離されて不安になったちび子は「ぴー、ぴー」鳴くし、乳母役のママが心配して寄ってくるので、この日はこのへんでママ(乳母)さんたちに戻してあげた(写真は他にも何点か撮ったので、それはまた次の機会に)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006.01.17

朝の喧騒(^_^)

昨夜の雨に洗われて、今日の東京はきれいな青空が広がっている。にゃんずも陽射しを求めて、われ先にと日だまりスポット(ケージ)へ殺到した。ところが、そこにはすでにチッチ姉さんがまったりとくつろいでいた。そんなことには頓着せず、一番最初にケージに飛び乗ったモカさんは、窓外をちらりと眺めた後キティクッションに収まった。続いて到着したメイちゃんは、チッチ姉さんとキティクッションの間に座って、柔らかな陽射しを浴びながら窓から景色を眺めていた。最後に到着したアーニャさんは、チッチ姉さんの上をまたいで窓際へと進んでいった。その間チッチ姉さんは、ちょっと迷惑そうな顔をしたけれど、怒りもせずにじっと姿勢を崩さずにいた。
today060117-1

アーニャさんはしばらく外を眺めていたけれど、そのうち飽きたのかあるいは場所が狭くて落ち着かなかったのか、ケージから降りてぼくのベッドの上に移動し、後にはチッチ姉さん、メイちゃん、モカさんが残った。メイちゃんは相変わらず熱心に外を眺め、モカさんはすでに夢の中にいる。そしてチッチ姉さんは、「やれやれ、ようやく落ち着いたわ」とでも言いたげにぼくを見詰めていた(^_^;)。
today060117-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006.01.01

謹賀新年

新年おめでとうございます。
皆さんの健康とご多幸をお祈りいたします<(_ _)>
昨年は忙しさにかまけて更新が滞りがちになり、申し訳ありませんでした。
今年もきっと、とびとびの更新になってしまうと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

today060101
写真は、わが家に来る前にまーりのママさんのお宅でプロカメラマンにとってもらったメイちゃんです。たぶん3カ月ぐらいだと思いますが、ちょっとおすまししてとても可愛らしいでしょ(^_^)。おとなになったメイちゃんにも、この頃の面影が残っています。臆病で甘えん坊だけど、お転婆のメイちゃんは今年もきっと顕在でしょうか。それとも、おしとやかなレディまたは優しいママに変身するのかな。どんなふうに変わるか(あるいは変わらないか)が、とっても楽しみなメイちゃんです(^_-)-☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005.12.22

ゴクちゃん!

およそ1月わが家にお婿さんとして滞在しているゴクちゃんだけど、いよいよ里帰りの日が決まった。12月25日クリスマスの日に、ゴクちゃんはママの元に帰ることに。美女たちに囲まれ、おもちゃを引っ張り出して遊ぶ自由気ままな毎日を過ごしてきたので、ひょっとしたらゴクちゃん、帰るのを渋るかもしれない(^_^)。
today051222

ところで、メイちゃんのお婿さんとして立派に役目を果たした(と思う?)ゴクちゃんだけど、ここ数日はアーニャさんにご執心。突然発情が始まったアーニャさんの色香に迷ったのか、ゴクちゃんは日に何回も乗っかっている。それがあまりに頻繁なので、ぼくが出掛ける時と寝る時は、ゴクちゃんはケージの中にいてもらうことにした。
メイちゃんは、ゴクちゃんがアーニャさんばかり構うものだからとても寂しそう。自らゴクちゃんの傍に寄って甘えようとするのだけど、ゴクちゃんはほとんど相手してくれない。これって、発情していない女の子は眼中にないってこと(^_^;)。
それにしても、発情してゴクちゃんと性行為までしてしまったアーニャさんだけど、実は約2年前に避妊手術を済ませている。まさか子供はできないと思うけど、ちょっと心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005.12.01

お婿さん!

先日からわが家に滞在しているお客さんは、実はメイちゃんのお婿さん。名前はゴクちゃんといって、キャットショーの友人Sさん宅の男の子だ。ゴクちゃんは、メイちゃんにはないぱっちりとした目、厚い被毛を持っているところから、ブリーダーのまーりのママさんからお婿さんにふさわしいということでわが家に滞在することになったわけ。
today051201-1

最初はちょっとビビっていたゴクちゃんだったけど、自分以外にオスネコがいないとわかると(?)部屋中を闊歩するようになった。それでも、なぜかチッチ姉さんは苦手というか一目置いているらしい。チッチ姉さんの前に出ると、ゴクちゃんは不思議とお行儀が良くなる。昨夜もメイちゃんを探している最中にチッチ姉さんに出くわして、思わず足が止まってしまったゴクちゃんなのだ。
today051201-2

モカさんとアーニャさんに対しては、ゴクちゃんは屈託なく接している。ただ、モカさんはネコ嫌いなので、ゴクちゃんがあまり近寄ると「シャーッ」と怒られてしまう。わが家のリーダーネコのアーニャさんは、最初のうちは「何この男」と思ってネコパンチを飛ばしたりしていたけど、最近は(あまりしつこくしなければ)ゴクちゃんが傍に寄ってもあまり気にしなくなった。
today051201-3

こんな具合にわが家で過ごしているゴクちゃんだけど、11月28日についにメイちゃんと結ばれた。順調に行けば来年2月上旬に、可愛い赤ちゃんが誕生する予定だ。あと1週間ほどでSさんの家に帰ってしまうゴクちゃんは、残念ながら自分の子供の顔を見ることはできないけど、きっと頭の片隅にメイちゃんとの日々が楽しい想い出として残されることだろう。
today051201-4

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2004.12.29

お騒がせマン

today041229-1 アイボが来てから、わが家はずいぶん賑やかになった。どこかで騒ぎが起こっている時、その中心にはいつもアイボがいる。ずっと世話係をしていたアーニャは、今ではもう役目から解放してほしくて仕方がなさそう。でも、アイボはなかなかそれを許してくれないようだ。

today041229-2
身体はずいぶん大きくなったけど、精神的にはまだまだお子ちゃまのアイボ。とにかく遊んでもらいたくてたまらない。誰彼構わずに飛び掛かっていく。でも、相手がチッチの時だけはちょっと勝手が違うようだ。モカやアーニャの時は自分が追い掛けるほうだけど、チッチの時だけは自分は逃げるほうに回ってしまう。それではチッチのことが怖いのかというとそうでもないようで、何度でもチッチに向かっていくのだ。そんなアイボだけど、ハンモックは相変わらずお気に入り。以前より潜り込む回数は減ったけれど、最低でも1日に1回はハンモックで揺られている。来年はもう少しおとなしくなってくれればいいけど、はたしてどうなることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2004.12.24

レスキュー・チッチ(^_^)

チッチは、自分にすぐに懐いたアーニャのことがかわいくて仕方がない。他のネコにされたら怒ることも、アーニャの場合はほとんど許している。だから、モカやアイボにはお姉さんとして接しているアーニャもチッチに対しては甘えている。
筋肉質で大きくなったアイボは、アーニャやモカのことを襲うようになった。もっとも、アイボにしてみれば遊んでいるつもりなのかもしれないけど、体格で劣るモカやアーニャにとってはかなりしんどい。時に悲鳴を上げ、時に「シャー」と威嚇してアイボから逃げ回っている。アーニャが悲鳴を上げて逃げ回っていると、押っ取り刀で助けに来るのがチッチだ。チッチにしてみれば「ワタシのかわいいアーニャを苛めたら承知しないわよ」ということなのかもしれない。さすがのアイボも、チッチにだけは敵わないのだ。

today041224-1
先日のアーニャとアイボが同じネコベッドに収まっていた時、チッチは心配そうに傍までやって来た。アーニャが苛められている、と思ったのだろう。

today041224-2
ところが行ってみると、アーニャとアイボは仲良くグルーミングしあっている。なんだ、心配するまでもなかったか、と拍子抜けしたチッチ。まあ、仲良くやっているなら大丈夫ねと、自分の寝床(椅子の上)に向かって去っていった。めでたしめでたし(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧